> > 村田製作所、エネルギー・ハーベスティングで電池不要の照明スイッチを実証

村田製作所、エネルギー・ハーベスティングで電池不要の照明スイッチを実証

記事を保存


本システムでは、エネルギー・ハーベスティングの整合性が高い無線通信システム「EnOcean」を使用した無線スイッチと、無線通信規格「ZigBeeR」を組み合わせ、電池不要の無線照明制御システムを実現した。具体的には、1.人がスイッチを押す圧力を電磁誘導で電力に変換し、この電力を用いてEnOceanによる無線通信で信号を送信、2.無線照明制御親機がEnOcean無線通信をZigBeeR無線通信に変換、3.無線照明制御子機がZigBeeR無線通信を受信し、AC100V制御リレーを動作させることで照明器具の点灯・消灯を行う。

スイッチ部に電池や外部からの電源供給が不要なため、屋内の配線も不要。その他、メンテナンスフリーで使用できるエネルギーを使用、障害物のない空間で200〜300mの通信が可能などの特徴を持つ。本システムの用途として、照明制御のほか、リモートコントローラ、空調制御、ビルオートメーション、ホームオートメーションなどでの利用が見込まれている。

エネルギー・ハーベスティングは、橋や人等の振動、体温と室温の温度差など、普段は使われずに捨てられている光、熱、振動など、身近な環境に存在するエネルギーを電力に変換することをいう。昨今、ビルオートメーションやリニューアルの市場において、無線による照明制御のニーズが増えており、特にメンテナンスが容易なエネルギー・ハーベスティングによる無線技術に注目が集まっている。

村田製作所では、独自の高周波回路設計技術やモジュール製造技術、ソフトウェア開発技術を活かしてエネルギー・ハーベスティングによる無線照明制御スイッチシステムの開発を進め、今回、戸田建設の協力の下、実用化に向けて実験を実施することとなった。本システムを国内事業所への設置は初の事例となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.