完全人工光型植物工場市場、2014年は10年比6.3%増に拡大

  • 印刷
  • 共有

総合マーケティング会社の富士経済は、農林水産業を取り巻く事業環境の変化を捉え、植物工場、バイオガスプラント(畜産)など35品目の市場について、今年7月から10月にかけて調査した結果を発表した。本レポートでは、農林水産業の生産・加工・流通過程に投入されつつあるIT、メカトロニクス、エネルギーなど先進的なテクノロジーのシステム・プラント、装置・部材の市場動向を把握し、市場の将来を予測した。

今回調査した35品目の市場の内、すでに市場を形成している23品目は、2010年実績286億円、2014年予測では368億円(10年比128.7%)であった。今後、農林水産業の6次産業化が進み、新規企業が参入し、新サービスやハード市場の顕在化が進展するとみている。新たな各市場が有機的に連携・結合すれば、ソリューション関連の全体市場は2020年に1兆円の規模に達すると予想する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報