> > 京急電鉄、2012年春から導入する新造車両のすべての車両にLEDを採用

京急電鉄、2012年春から導入する新造車両のすべての車両にLEDを採用

記事を保存


同社は、2007年以降、羽田空港国際線ターミナル駅、上大岡駅などにおいて駅構内の照明へLED照明を採用したり、環境にやさしい鉄道への利用をPRした京急環境電車を運行するなど、環境への取り組みを行ってきた。2009年12月は、一部車両でLED照明導入の本格採用に向けた試験を行い、その結果を踏まえ今回の正式に導入に至った。

今回は、現在蛍光灯を使用している客室内の照明すべてをLED照明に変更。これにより従来の蛍光灯に比べ、消費電力は約3割、1年間でCO2約2.7tの削減が図られる。これは、ブナの木のCO2吸収量に換算すると、約250本分に相当する。

同社では、今後導入する新造車両についても、客室内照明にLED照明を採用し、さらなる省エネ化を図る計画だ。

車両照明のLED化については、昨年12月にJR東日本が山手線の車両に試行的に搭載して運行しており、車両のLED化は今後さらに進みそうだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.