> > リチウムイオン電池市場は2015年まで年平均21.7%で拡大

リチウムイオン電池市場は2015年まで年平均21.7%で拡大

記事を保存

矢野経済研究所は、6月から11月にかけて、リチウムイオン電池(LIB)世界市場を調査した結果を発表した。これによると、2011年度LIB世界市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比108.2%の1兆1,693億円となり、順調に伸長する見込み。また、2013年度には1兆8,058億円、2015年度には2兆8,834億円市場に拡大し、2010年度から2015年度までの年平均成長率(CAGR)は21.7%となる見通し。

また、産業用、車載用LIB市場の拡大により、2013年度の市場構成比は、民生用が71.5%、産業用が3.3%(600億円)、車載用が25.2%(4,548億円)となり、2015年度には民生用の構成比は52.0%にまで低下し、産業用は15.0%(4,326億円)、車載用は33.0%(9,520億円)までそれぞれ拡大すると予測する。

成熟したと思われた小型民生用であるが、「スマートフォン」「タブレットPC」需要が拡大し、小型LIBもその恩恵を受け、市場を牽引している。車載用は期待されていたEV(電気自動車)市場が本格的に立ち上がっておらず、想定していた市場拡大のペースからは若干遅れる見込み。2012年度以降、車載用LIB市場が徐々に立ち上がっていくとみている。しかし、PHEV(プラグインハイブリッド車)、HEV(ハイブリッド車)の需要が拡大しており、これらのLIB搭載量も民生用と比較すると格段に多く、LIB市場拡大の要因となっている。

日本では東日本大震災、原発事故を契機に、新再生エネルギーの導入が活発化し、また、工場等の生産停止リスク回避としてUPS(無停電電源装置)など停電対策が進められている。節電対策として電力使用の平準化を目指すなかでの蓄電用途も出始めつつある。

産業用は日本市場、日系LIBメーカーが先行、車載用LIBでは他国メーカーも注力している。国・地域ごとに得意とするアプリケーション市場およびLIB出荷数量に差は出るが、全世界的に見れば拡大基調にあるのは間違いないとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.