> > 東邦レオ、低コスト・外断熱一体型の外壁剥落防止工法を開発

東邦レオ、低コスト・外断熱一体型の外壁剥落防止工法を開発

記事を保存
東邦レオ、低コスト・外断熱一体型の外壁剥落防止工法を開発

外断熱工法の開発・販売を手がける東邦レオは、集合住宅や高齢者施設、病院、教育施設などの建築物(RC造)の所有者を対象に、外壁タイルの落下防止と夏冬の節電対策を同時に実現する、低コスト型の省エネ外壁改修工法「エクセル外断熱ピンネット工法」を開発し、6月13日より発売する。価格は1万5000円/m2~。3年後には年間売上10億円を目指す。

同工法の特徴は以下の4点。1点目は「タイル剥落防止機能」。建物の全面に渡り既存外壁層を固定し一体化することにより、タイルの剥落を防止する。2点目は「外断熱による建築物の長寿命化と省エネ効果」。外壁剥落の防止に最も有効とされる全面改修工法のピンネット工法と外断熱を併用することで、躯体が受ける熱的な影響を軽減し、長期にわたって建物を健全な状態に維持し、省エネルギー化を実現する。同社の調べによると、外断熱は無断熱の建物に比べ約3割近く電気代を省くことが可能。

3点目は「大幅なコストダウン」。使用する部材を自社開発することで、コストダウンを実現。また、工法導入時にタイルなどの外装材を撤去する必要がないため、撤去費用がかからず建築廃材の発生を極力抑えることができる。4点目は「補助金活用」。同工法では断熱改修を併せて行うため、条件を満たすことにより、住宅へはエコポイント制度、非住宅の建物へは国土交通省の省エネ改修補助事業などの省エネ関係の助成金を受けることが可能。国土交通省の建築物省エネ改修推進事業では、躯体の断熱化に重点が置かれ、省エネ改修費用の3分の1が補助対象となる(補助限度額5000万円)。

東日本大震災後、建物の外壁剥落のリスクが懸念されるとともに、電力不足による節電対策、電力料金の値上げ対策の必要性が目前に迫り、建物の所有者・管理者は対応に追われている。

建築物の外壁に断熱材を設置して建物の省エネ化を実現する外断熱事業を12年にわたり取り組んできた同社は、外断熱の利用により、魔法瓶のように施設を包むことで、冷暖房効率を高めて省エネを実現し、空調設備の利用料金を無断熱に比べ約7割に抑えて、施設内の快適性を維持しながら節電対策をサポートしてきた。

今回、同社は外壁落下リスクの回避と建物の省エネルギー化を低コストで実現するために、RC建築物の外断熱導入における国内トップシェアのコスト優位性を活かし、エクセル外断熱ピンネット工法の開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.