> > 農研機構など、畜産排水の脱色・リン回収・消毒を同時に行う高度処理システムを開発

農研機構など、畜産排水の脱色・リン回収・消毒を同時に行う高度処理システムを開発

記事を保存

農研機構 畜産草地研究所、千葉県畜産総合研究センター、太平洋セメント、小野田化学は、畜産排水の脱色・リン回収・消毒を同時に行うことができる、新たな高度処理システムを開発したと発表した。本システムにより、畜産分野での汚水処理の高度化、肥料資源の回収・活用が期待される。

本システムでは、下水処理分野で開発されたリン回収用資材を、畜産分野での多目的な利用に適するように改良した資材を用いた。この新規に開発した資材は、ケイ酸質資材と消石灰を熱反応させて製造した非晶質ケイ酸カルシウム水和物で、多孔質で単位重量あたりの表面積が大きいことから高いリン吸着能力を有する。また、微細な粒子でありながら、使用後は布などによるろ過操作で容易に回収できる。この資材を用い、できるだけ少ない添加量で、リン回収に加えて、脱色、消毒の効果が同時に発揮されるよう、成分や製造法を改良した。

この技術により、従来から問題となっていた浄化処理水の着色を除去すると同時に、病原性微生物の指標となる大腸菌群を99%以上除去し、さらに排水中のリンを回収して肥料として利用することが可能となった。

畜舎汚水は、畜舎から出る家畜の尿と洗浄水の混合物。特に養豚では、ふんの一部が混合するため高濃度の有機物やリンを含む液状物が汚水として発生し、浄化処理後もリンや色度がかなり残る。畜産農家にとっては、水質規制、近隣住民からの浄化処理水の着色苦情などへの対応を迫られているが多く、衛生対策も重要となっている。また、リンは水質汚濁の原因物質であるが、世界的に枯渇が危惧される貴重な資源でもあることから、汚水からの回収と利用は環境及び省資源の両面で貢献できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.