> > ホンダ、今夏発売の北米仕様「フィットEV」で米国最高の電費性能を達成

ホンダ、今夏発売の北米仕様「フィットEV」で米国最高の電費性能を達成

記事を保存
ホンダ、今夏発売の北米仕様「フィットEV」で米国最高の電費性能を達成

ホンダは、今夏発売予定の北米仕様「フィットEV」が米国環境保護庁(EPA)から電気自動車(EV)として米国最高の電費性能の認可を取得したと発表した。フィットEVは、日本でも今夏リース販売を開始する予定。

フィットEVは、小型乗用車「フィット」をベースにした5人乗りEV。米国カリフォルニア州とオレゴン州で2012年夏、東海岸地区で2013年からリース販売を開始する予定。北米仕様では、交流電力消費率(電費)で29kWh/100マイルを達成した。交流電力消費率は、米国で定められた条件のもと、走行距離と走行後の充電に要する交流充電電力量より算出したもの。また、ガソリン1ガロンと等価な電気エネルギーを33.7kWhとして換算した、ガソリン等価換算燃費で118MPGeとなった。

フィットEVは、高効率な電動パワートレインと、東芝製20kWhのリチウムイオンバッテリーを採用し、82マイルという実用航続距離を実現。ギアボックス同軸モーターを搭載し、最大出力は92kW、最大トルクは256N・m。バッテリー残量警告灯点灯からフル充電までの時間は、120Vで15時間以下、240Vで3時間以下。専用の「EV双方向リモコン」やスマートフォンを使って、電池残量の確認や、充電装置に接続時における充電の開始と完了などの操作を行うことができる。

同社は、昨年11月に行われたロスアンゼルスオートショーで、フィットEVの市販モデルを発表。米国においては、2012年夏にリース販売を開始し、3年間で約1,100台を販売する計画を明らかにしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.