> > 環境省と経産省、LED照明への切替えを関係業界に要請し「あかり未来計画」を開始

環境省と経産省、LED照明への切替えを関係業界に要請し「あかり未来計画」を開始

記事を保存
環境省と経産省、LED照明への切替えを関係業界に要請し「あかり未来計画」を開始

環境省と経済産業省は、家庭等で使用される照明製品に関し、今年度以降なるべく早期に省エネ性能に優れた電球形蛍光ランプやLED照明等高効率な照明製品への切替えを進めるため、一層の積極的な対応するよう関係各方面に協力要請を行った。あわせて関係団体等からなる省エネあかりフォーラムと協働で、照明に関する省エネルギーについて国民の理解、行動を促進するためのキャンペーン「あかり未来計画」を実施する。

経産省は、2008年5月に「省エネランプ等の普及促進対策について」を発表し、家庭等で使用される一般的な白熱電球の生産・出荷について、2012年を目途に原則として電球形蛍光ランプなど省エネ性能の優れた製品への切替えへの実現を目指すよう、関係各方面に呼びかけを行った。これを踏まえ、大手家電メーカーでは2012年を目途に一般的な白熱電球の製造・出荷を行わない予定になっている。

今回、LED照明など省エネ性能の優れた製品への切替えに向け、国民に普及啓発を行うとともに、消費者の一層の理解促進、販売事業者における一定の配慮について呼びかけを行った。具体的には、消費者向けの情報提供の実施に加え、家庭で多用されている口金26型白熱電球等について切替えを行うよう要請した。

あかり未来計画では「家庭用の照明を変えていくことの必要性」と「業務用の照明を変えていくことの必要性」の2点を訴える。

家庭用においては「CO2削減、節電の面から磁気式蛍光灯を器具ごとHf式やLEDに買い換えることの重要性と利点」「自然採光、部分照明等も重要であること」「家庭で多用されている口金26型白熱電球等について、性能面から代替可能であり、CO2削減や節電の効果を有し、長期で見れば経済的でもあることからLED照明や電球形蛍光ランプに買い換えをすべきこと」を訴える。

業務用においては「CO2削減や節電の面から、磁気式蛍光灯を器具ごとHf式やLEDに買い換えることの重要性と経済性」「自然採光、部分照明等も重要であること」を訴える。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.