> > 東芝、福島県南相馬市で100MW規模のメガソーラー群

東芝、福島県南相馬市で100MW規模のメガソーラー群

記事を保存

東芝は、福島県南相馬市において、日本最大の総発電能力10万kW(100MW)規模のメガソーラー(大規模太陽光発電所)群を建設すると発表した。また、太陽光発電所を中心とした、スマートコミュニティの導入についても検討を開始する。

同社は、メガソーラーの建設やスマートコミュニティ導入の提案を通して、同市の復興と地域活性化に貢献する。今回、同社は、同市と本事業に関する協定書を締結した。総発電能力が10万kW規模の太陽光発電所群は、同市が再生可能エネルギーを重点的に導入するエリアとして指定する右田・海老地区、真野地区、原町東地区をはじめとする沿岸部全域を対象に、数か所において建設する。

これによる年間推定発電電力量は、一般家庭約30,000世帯分に相当する10,500万kWhを見込む。今後、同市と共同で事業化検討を進めた上で、2012年度中の着工、2014年度までの運転開始を目指す。太陽光発電所の建設・運営に関しては、今後設立する特別目的会社で行う予定で、今後、この特別目的会社への出資者を広く国内外に募っていく計画だ。

また、太陽光発電所を核に、バイオマス発電や小規模水力発電などの再生可能エネルギー活用や、蓄電池や地域のエネルギー管理を行うEMS(エネルギーマネジメントシステム)などの導入を通して、エネルギー循環型都市を目指したスマートコミュニティ構築に関する計画の策定検討にも着手する。

なお、今回の発電所群には同社が、大成建設、双日とともに、環境省「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」で委託され、今年1月から実施可能性調査(FS)を行っている発電能力2万kW(20MW)の太陽光発電事業も含まれる予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.