> > 大阪ガス、大阪、岡山、和歌山にメガソーラーを建設

大阪ガス、大阪、岡山、和歌山にメガソーラーを建設

記事を保存

大阪ガスは、100%子会社であるガスアンドパワーが、大阪、岡山、和歌山の3カ所に、合計約3.5MWの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大阪ガスグループとして国内初のメガソーラーとなる。いずれも平成25年3月31日までに工事を完了し順次運転を開始する。

建設地は、大阪ガスグループの社有地である酉島(大阪市此花区酉島)・勝央(岡山県勝田郡勝央町黒土)と、ガスアンドパワーのグループ会社である広川明神山風力発電所の隣接地(和歌山県有田郡広川町:広川町より借地予定)の3カ所。発電容量は酉島が約1.8MW、勝央が約0.9MW、広川が約0.8MW。

これまで大阪ガスグループでは、顧客向けに太陽光パネルの販売などを行ってきた。また、ガスアンドパワーグループでは、国内3カ所で風力発電所を運営するなど、再生可能エネルギー発電所の建設・運営に取り組んできた。

参考:大阪ガス - 大規模太陽光発電所の建設について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.