> > オフィスPC向け節電支援ソフト発売 1日あたりの消費電力約17%削減

オフィスPC向け節電支援ソフト発売 1日あたりの消費電力約17%削減

記事を保存

コンピューターソフトウェア開発の専門会社 インターコムは、オフィスPCの総合的な節電や節約を支援するソフトウェア「Ultra EcoPC(ウルトラ エコピーシー)」を6月27日より販売開始する。同製品は、節電設定をスケジュールに沿って運用することで、ピークシフトを実現するPCの節電機能を搭載。これにより未設定時と比べてPCの消費電力量を約17%削減できる。価格はUltra EcoPC 5ライセンスパックが11,200円(税込11,760円)、Ultra EcoPC 10ライセンスパックが21,000円(税込22,050円)。

今夏の節電対策が進むなか、資源エネルギー庁の推計によると、電力需要のピークとなる14時前後のオフィスビルにおける用途別電力消費率の内訳は、「空調用電力」48%、「照明用電力」24%、「OA機器用電力」16%、「エレベータ用電力」で%、「その他電力」7%となっている。

空調用電力、照明用電力については、エアコンの設定温度の調整、蛍光灯の間引きなどの対策を講じている企業が多いが、オフィスPCに代表される「OA機器用電力」については、対策をしていないケースが少なくない。

「Ultra EcoPC」は、このようなオフィスPCの「節電」対策を支援するWindows 7 /Windows XP パソコン向けのソフトウェア。節電機能のほかにも、PCを構成するパーツの中で最も故障しやすいとされているHDDの故障を監視する機能、PC上の不要ファイルを一斉にクリーニングすることでPCの操作を軽快にする機能、高い印字品質のままプリンターのインク使用量を最大で75%削減する機能、スタートアップやサービスプログラムの起動を最適化することでPCの起動時間を短縮できる機能を備えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.