> > LIXIL、新タイプの太陽光発電システムを販売、高さ制限のある住宅地に対応

LIXIL、新タイプの太陽光発電システムを販売、高さ制限のある住宅地に対応

 印刷 記事を保存

住宅設備機器・建材メーカーのLIXILは、鉄筋コンクリート(RC)造のフラット屋根向けに、高さを抑えて設置できるソーラーパネル架台を採用した太陽光発電システム「ソーラーベース ロータイプ」を7月1日から発売する。

本システムの架台は、太陽光パネル1枚毎に6°の傾斜をつけた低段仕様で、これまで高さ制限により取り付けが難しかった第1種および第2種低層住居専用地域の住宅などに対応可能。陸屋根の周囲に設けられた手すり壁(パラペット)内に納まる仕様により、建物のデザイン性も損なわずに設置できる。また、風のあおりに強い低重心なので、強風の恐れのある高層のビル屋上にも取り付けられる。さらに、分割してレイアウトできるため、ビルの屋上などに設置された室外機や貯水槽などの障害物も避けて設置することで、スペースを無駄なく利用することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.