> > 凸版印刷、ピークオフのための外出促進策としてクーポン配布、北九州で実証実験

凸版印刷、ピークオフのための外出促進策としてクーポン配布、北九州で実証実験

記事を保存

凸版印刷は、北九州スマートコミュニティ創造事業におけるインセンティブプログラム実証実験に参画すると発表した。本実証実験では、電力逼迫時に住民に対して経済的なインセンティブを付与することによるピークオフ効果および経済効果を検証する。

具体的には、実証地域「八幡東区東田地区」において、スマートメーターを設置している約200世帯を対象に、「地域エネルギーマネージメントシステム(CEMS)」を活用し、ピークオフのための外出施策としてタイムセール用クーポンなどを配信する。住民が地球環境や電力系統、コミュニティに貢献する行動を取った際に、割引やポイントなどインセンティブを提供することで、電力ピーク時の外出ならびに経済活動の促進を図るもので、これにより、家庭での電力使用量を削減するだけでなく、地域活性化への貢献も目指す。実施期間は2012年8月から2013年3月まで(予定)。

「北九州スマートコミュニティ創造事業」は、2010年4月から経済産業省が推進している「次世代エネルギー・社会システム実証」地域の1つとして北九州市において実施されているもの。本事業では、工場群にある排熱や水素を民生利用するとともに、建物間の電力融通を行うなど、地域エネルギーの有効活用を図るとともに、地域のエネルギー需給状況に応じて電力料金を変動させるプランを導入することで、家電機器等の制御を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.