> > NEC、オフィス節電支援サービス 自動制御機能など機能強化

NEC、オフィス節電支援サービス 自動制御機能など機能強化

記事を保存

NECとNECフィールディングは、オフィスの節電対策を支援する省エネオフィスサービス「エネパル(R) Office」と「エネパル(R) PCパック」の機能を強化し、6月22日より販売を開始した。

「エネパル(R) Office」は、オフィスや店舗の分電盤に、電力センサーを利用して空調機器、照明機器、コンセントに接続した機器の消費電力量を見える化し、省エネに向けた約600種類のアドバイスを管理者のパソコン画面に表示するサービス。

今回、省エネのアドバイス機能に省エネ自動制御機能を追加し、あらかじめ設定した条件に基づき、空調機器や照明機器などの省エネ自動制御を実現した。具体的には、30分~45分後の消費電力を予測し、設定した閾値を超える前に、機器の自動ON/OFF制御したり、設定した温度センサーの閾値に基づき、空調機器の温度制御をすることが可能。これによりオフィス全体の効果的かつ効率的な節電を支援する。

また、NECの環境パフォーマンス管理システム「GreenGlobe(R) X」と連携することで、エネルギー、水、廃棄物、GHG(温室効果ガス)管理などに加えて、オフィスの消費電力量についても、環境パフォーマンス指標として一元管理が可能。さらに、既設の「ビル管理システム」との連携により、フロア単位及びビル全体の両方の消費電力量を把握できる。

一方「エネパル(R) PCパック」は、オフィスの一人ひとりのパソコンの消費電力量を見える化するとともに、利用者の行動パターンを学習してパソコンの消費電力を自律的に制御するサービス。

今回、ICTの省エネと情報セキュリティの両立を目指すニーズに応えるため、従来のクラウドサービスでの利用に加え、各社のイントラネット環境での利用が可能な「エネパル(R) PCイントラパック」を新たに提供。「エネパル(R) PC」のサーバ環境を自社内のサーバに構築することにより、各社のセキュリティポリシーに合わせた多様なシステム提供が可能になった。

「エネパル(R) Office」の標準価格は、機器費用65万3340円、年間運用費用 52万3200円。今後3年間で500システムの販売を目指す。「エネパル(R) PCイントラパック」の標準価格は、サーバソフトで160万円~。今後3年間で30万台のパソコンへの導入を目指す。提供時期はいずれも7月。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.