> > 建材試験センター、環境技術実証で建築物外皮の空調負荷低減技術を募集

建材試験センター、環境技術実証で建築物外皮の空調負荷低減技術を募集

 印刷 記事を保存

建材試験センターは、平成24年度環境技術実証事業のうち、ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)の実証対象技術の募集を開始した。

実証対象とする技術は、建築物に後付けで取り付けることができる外皮技術であり、室内冷房負荷を低減させることによって人工排熱を減少させるなど、ヒートアイランド対策効果が得られるものとする。具体的には、「窓用後付技術」として、窓用日射遮蔽フィルム、窓用後付複層ガラス、「屋根・屋上用後付技術」として、屋根・屋上用高反射率塗料、屋根用高反射率瓦、窓用高反射率ブラインド、屋根・屋上用保水性建材、その他として開口部用後付建材などが想定される。募集期間は7月31日まで。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.