> > 直流給電システムの日本発インターフェースが国際標準化、ICTのグリーン化に有効

直流給電システムの日本発インターフェースが国際標準化、ICTのグリーン化に有効

 印刷 記事を保存

総務省は、日本からの提案等が盛り込まれた「直流給電システムのインターフェース仕様(L.1200)」が、5月29日付けでITU-T(国際電気通信連合 電気通信標準化部門)勧告L.1200として承認され、6月22日付けで公表されたと発表した。日本の技術に基づくモデルの標準化であり、日本の国際競争力強化に資するものだとしている。

東日本大震災後の事業継続性への意識の高まりや、スマートフォンやタブレット端末からのネットワークの利用拡大、クラウド技術などICTの進展によって、データセンターの利用は今後急速に拡大することが予測されている。本勧告は、通信事業者ビル・データセンターなどの電力消費量削減の一手段として有効な高電圧直流給電システムについて、従来の交流給電方式から移行する際に必要となる電圧などのインターフェースや本システムを安全に運用するための接地方法などを定めたものである。一般的に電力は、電力会社から交流(AC)で供給されているが、バッテリーやICT機器内部は、直流(DC)で動作しているため、交流から直流、直流から交流への変換を行う必要がある。このときの変換ロスを減らすことによって、電力消費量を削減することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.