> > JX日鉱日石金属、札幌豊羽地区での地熱開発の調査井から噴気を確認

JX日鉱日石金属、札幌豊羽地区での地熱開発の調査井から噴気を確認

記事を保存
JX日鉱日石金属、札幌豊羽地区での地熱開発の調査井から噴気を確認

JX日鉱日石金属は、豊羽地区(札幌市南区定山渓)において、地熱発電の可能性について調査を進めている調査井の一本から、水蒸気の噴気を確認したと発表した。同社では、今回短期噴出試験により得られたデータを活用し、2015年頃までを目途に引き続き調査を実施し、同地区における地熱開発の可能性についてさらに検討を進めていくとしている。

豊羽地区は、NEDOが2010年度までに実施した調査により、地熱発電に関して大変有望な地域であることが確認されている。この結果を受け、同社が地熱に関する調査を引継ぎ、2011年度には、2011号調査井のボーリング掘削を行った。今回の噴気は、同調査井において、噴出と坑口圧力、地熱流体の賦存状況を把握するために行なった短期噴出試験の中で確認された。

豊羽地区には、同社グループが保有する豊羽鉱山があったが、鉱量の枯渇により、2006年に休止している。しかし、豊羽鉱山の近くに豊富な地熱資源が存在することは確実視されたことから、同社では、豊羽鉱山における地熱を再生可能なクリーンエネルギーとして有効に活用することを目的に、2010年度に豊羽地域での地表調査を実施。この調査は、NEDOの2010年度の「地熱開発促進調査(開発可能量調査)」に採択された。

同社は、2011年度以降数年間は、地熱貯留層の確認を行い、地熱開発可能量を把握するために、数本のボーリング調査を行う予定で、地元関係者の理解を得ながら、地熱開発の可能性を探る調査を進めている。付近には道内有数の温泉地である定山渓温泉があり、貴重な温泉資源と地熱発電の共生が重要課題となっている。地熱発電の調査から開発・建設までは、予備調査(地元への説明等)に1年、開発可能性調査(ボーリング調査、地熱量評価、経済性評価、環境影響評価等)に4年、建設に4~5年といわれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.