> > 神奈川県、県有地を活用したメガソーラーで、飛島建設などの企業体と契約

神奈川県、県有地を活用したメガソーラーで、飛島建設などの企業体と契約

 印刷 記事を保存

神奈川県は、県有地を活用した「愛川メガソーラー事業」について、施工事業者を飛島建設、合同電気工事、ケンモチ電機の3社による共同企業体に決定し、契約を締結した。また、本施設のネーミングライツパートナー(命名権者)を飛島建設に決定し、愛称を「愛川ソーラーパーク“さんてらすTOBISHIMA”」にすると発表した。

メガソーラーの出力規模は1,891kWで、平成25年4月の運転開始を予定している。本事業では、民間企業から技術提案を受ける、設計から施工までの一括型プロポーザル方式により、太陽光発電施設の設置を行う。プロポーザルでは14企業体から技術提案書の提出があり、第一次審査の結果、その内7企業体についてヒアリングを行い、最上位提案者を決定し、今回の契約に至った。3者による施工企業体の名称は、飛島・合同・ケンモチ特定建設工事共同企業体で、請負代金額は6億3,988万2,390円(税込)。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.