> > 日本コカ・コーラなど、日中の冷却用電力ゼロを実現したピークシフト型自動販売機を開発

日本コカ・コーラなど、日中の冷却用電力ゼロを実現したピークシフト型自動販売機を開発

記事を保存

日本コカ・コーラは、富士電機の子会社と共同で、日中の冷却用電力ゼロを実現したピークシフト型自動販売機「A011号機」を開発したと発表した。「A011号機」では、製品の冷たさを保持しながら最長16時間の冷却停止を実現し、冷却のための電力を、一般的に電力使用が「ピーク」となる日中から、比較的電力に余裕がある夜に「シフト」して使用している。

市場への本格導入に向け、猛暑で有名な埼玉県熊谷市、および岐阜県多治見市周辺において7月2日から約2カ月間、フィールドテストを実施する。

具体的な「A011号機」の仕組みは以下の通り。従来の自動販売機では、消費電力抑制のため、販売状況に応じて収容製品の一部のみを冷却していたため、冷却を長時間停止すると庫内の温度が少しずつ上昇した。しかし、「A011号機」では、比較的電力に余裕がある夜間に収容製品の全量を冷却し、保冷機能を高めることで、長時間冷却を停止しても、製品の温度上昇を抑制することを可能とした。また、真空断熱材をより多く採用することで断熱性能を高め、外気温の影響を受けにくくするとともに、扉の気密性を高める改良を行い、冷気が逃げにくくする工夫を施した。これらの取り組みにより、政府の節電要請に応えつつ、冷たい製品を提供することを実現した。

「A011号機」は、同社と、富士電機子会社である富士電機リテイルシステムズとの共同開発による超省エネ自動販売機開発プロジェクト「アポロ」で開発に成功した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.