> > 富士通、銅を高濃度で回収する新廃水処理システムを長野工場に導入

富士通、銅を高濃度で回収する新廃水処理システムを長野工場に導入

記事を保存

富士通は、国内で初めて、銅を含有する工場廃水から、効率的に銅を回収する東芝製の新しい水処理システムを長野工場に導入し、6月27日から運用を開始すると発表した。本システムの導入により、薬品の種類を4分の1へ大幅削減することも可能となるため、環境負荷と運用コストの削減、さらに処理時間の短縮、施設の省スペース化を実現する。

本システムでは、廃水をろ過する際に磁性体の機能粉を用いることで、中和剤以外の薬品を使用せずに、銅含有スラッジ(廃水処理過程で生じる固形物質)から、廃水処理薬品などの不純物が少なく高濃度(90パーセント以上)な銅を回収し有償化することができる。

今回、本システムを導入した廃水系統では、従来は処理薬品などの不純物が含有された多量のスラッジが月35t生成されていた。しかし、本システム導入により、少量で高濃度な銅含有スラッジ月5tを生成することが可能となり、従来に比べ売却額の高い有価物として回収できるようになる。また、ろ過した後の機能粉は磁気により容易に分離することや、システム内で循環・再利用することが可能なため、有価物回収も含めて運用コストを従来比で約40%削減できるほか、処理時間や、これまでの廃水処理設備と比べて設置スペースも約50%低減することができる。

工場廃水中に含まれる銅は粒子径が細かく、ろ過抵抗が高い性質を持つため、これまでは凝集沈殿処理という凝集剤を用いる水処理方法が行われており、薬品由来のスラッジが発生していた。

同社では、今後、長野工場において、その他の適用可能な廃水系統へ順次導入していくととともに、同グループで実用化した酸化銅変換技術を活用し、さらに付加価値の高い酸化銅に加工する取り組みを2012年10月より行う予定。また、このシステムは銅以外の有価物質も回収が可能な技術であるため、長野工場での導入拡大や同グループの拠点への横展開を検討していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.