> > 福島県、メガソーラー候補地に会津若松・いわきほか18カ所

福島県、メガソーラー候補地に会津若松・いわきほか18カ所

 印刷 記事を保存

福島県は、復興に向けた具体的な推進方策のひとつとして、太陽光発電の導入促進を図るため、メガソーラー(大規模太陽光発電所)候補地を公表し、発電事業を行う事業者を募集すると発表した。

今回、メガソーラー候補地として公表したのは、会津若松市やいわき市、二本松市などの県有地や民有地など18カ所。宅地や畑、山林などの土地の概要、所有者区分、全体面積、うち更地面積、傾斜の場合の土地の向き、都市計画法上等の規制などを一覧表で示した。紹介を希望する事業者は、同県企画調整部エネルギー課に紹介申請書を提出する。同課が窓口となり、土地の所有者等に紹介の可否を確認し、事業者へ連絡をする。紹介後は当事者間で事業化の検討を進めることとなる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.