> > JR西日本、新型車両の投入や省エネ運転など今夏の節電対策を発表

JR西日本、新型車両の投入や省エネ運転など今夏の節電対策を発表

記事を保存

JR西日本は、新型車両の投入や省エネ運転の推進、駅や列車、オフィスにおける取り組みに加えて、電力需給逼迫警報発令時、計画停電時の取り組みなど、今夏の節電対策を発表した。実施期間は、7月2日から9月7日まで。

期間中を通しての取り組みとして、エネルギー効率の優れた新型車両を計43両投入、加速時間を短縮する省エネ運転を実施。駅では、ホーム・コンコース照明の一部消灯、適正温度の維持、自動券売機・自動改札機の一部使用停止、案内掲示器の消灯、照明設備のLED化、高効率な空調設備への更新など、列車内では、空調の冷え過ぎ防止、室内灯消灯などを実施する。

また、電力需給逼迫警報発令時の取り組みとして、前日の夕方に発令されたエリアにおいては、翌日は上記の記述に加えて、新快速電車の一部運転休止を実施。駅では、エスカレーターの一部停止、ホーム待合室の冷房装置の使用停止、自動券売機・自動改札機のさらなる使用停止などを実施する。

さらに、計画停電時の取り組みとして、安全を確保しつつ、電力需給逼迫警報発令時の取り組みで示した本数を運転。計画停電のエリア内で停電となる駅においては、掲示や案内放送、エスカレーターやエレベーターの使用停止、係員の派遣などで対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.