> > LIXIL、住宅の空いた地面に設置できる小規模太陽光発電システム

LIXIL、住宅の空いた地面に設置できる小規模太陽光発電システム

 印刷 記事を保存

住宅設備機器・建材メーカーのLIXILは、住宅の空いた土地に簡単に設置できる、業界初となる住宅用地上設置型太陽光発電システム「ソーラーベース 柱建てタイプ」を7月1日から発売する。屋根への取り付けができない場合や、垂直積雪量100cm未満の地域に対応可能なシステムとなっている。

本システムは、小規模住宅向けの地上設置架台と太陽光パネルとセットしたもので、屋根の老朽化のため取り付けができない住宅や外観意匠上設置に抵抗がある住宅など、これまで太陽光発電システムの導入に興味があっても設置できなかった住宅での需要を見込む。また、すでに太陽光発電システムを設置している住宅に合わせて設置することで、発電総量をあげることができる。既存の太陽光発電システムと合わせ、10kWまで後でも追加することが可能。

架台角度は20°と40°の2種類、基本ユニットのサイズはパネル4枚(2段2列)から12枚(4段3列)までの6サイズを用意した。設置スペースに応じ、基本ユニットを組み合わせて簡単に地上設置ユニットを作ることができる。また、架台角度40°は垂直積雪量100cm未満の地域にも設置が可能で、1.5mまでの凍結深度(オプション対応:凍上柱)に対応する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.