> > 京葉ガス、千葉県の社有地に2MWの太陽光発電施設を建設 来年3月運転開始

京葉ガス、千葉県の社有地に2MWの太陽光発電施設を建設 来年3月運転開始

記事を保存

京葉ガスは、千葉県白井市内に約2メガワットの太陽光発電施設を建設することを発表した。建設地は、3万8千平方メートルの社有地。来年3月の運転開始を目指す。

同社は、平成25年までの3年間について定めた中期経営計画において「低炭素社会の実現に貢献」することを事業課題として掲げ、環境性の高い天然ガスの普及拡大などに取り組んでいる。

太陽光発電については、すでに家庭用の顧客への普及促進を図っているが、事業課題に向けた取り組みを一層強化するため、今回の太陽光発電施設の建設決定に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.