> > 芝浦グループHD、九州ソーラーファーム1嘉麻運転開始

芝浦グループHD、九州ソーラーファーム1嘉麻運転開始

記事を保存
芝浦グループHD、九州ソーラーファーム1嘉麻運転開始

芝浦グループホールディングスは、7月1日より、メガソーラー(大規模太陽光発電所)「九州ソーラーファーム1嘉麻発電所」(福岡県嘉麻市)の運転を開始したと発表した。出力規模は2MW。同グループが九州で計画している3つのメガソーラーの第一弾となる。

同メガソーラーは、設備検査、設備認定、電力契約を終え、7月1日、連系運転を開始した。同日、関係者を招いた落成式が行われた。太陽光パネルやパワーコンディショナーユニットは、グループ会社のニューガイアエナジーが供給した。

同グループでは、九州地区におけるメガソーラープロジェクトの第二、三弾として、熊本県南関町で3.3MW、佐賀県佐賀市で1.2MWのメガソーラーの建設を進めている。熊本県熊本県のメガソーラーは、ホテル「セキアヒルズ」の駐車場跡にメガソーラーを設置するもので、7月中の稼働開始を予定している。また、佐賀県では同県初のメガソーラーとして、10月の運転開始に向けて建設が進められている。

同グループでは、嘉麻、南関セキアの2つのメガソーラーの見学とセミナーをセットにしたツアーを開始しており、メガソーラー関連事業の展開につなげていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.