> > 三菱電機、「デマンド制御」でエレベーターの消費電力を最大20%削減

三菱電機、「デマンド制御」でエレベーターの消費電力を最大20%削減

 印刷 記事を保存

三菱電機と三菱電機ビルテクノサービスは、三菱オーダーメード・エレベーター「NEXCUBE(ネクスキューブ)」の省エネ運転機能を強化する新オプション「省電力運転(デマンド制御)」を発売した。これによりビル全体の電力使用ピーク時間帯にエレベーターの消費電力量を最大20%削減する。

「NEXCUBE」は、利用が少ない時間帯に自動で消費電力量の少ないエレベーターを配車する機能を備えている。その新オプションとして、従来の運転モード以上に消費電力量を削減して運転する「デマンド制御モード」を発売。

ビル全体の消費電力量を監視する三菱ビル設備オープン統合システム「Facima BA-system(ファシーマ・ビー・エー・システム)」との連携により、ビル全体の消費電力量が多くなった場合や電力使用ピーク時間帯には、エレベーターの運転モードを切り替えて消費電力量を抑える。ただし、デマンド制御モード運転時でも、平均待ち時間の増加は4秒程度に抑制されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.