> > 富士経済調査、エネルギーシステム市場 2020年には約2倍の7兆1533億円

富士経済調査、エネルギーシステム市場 2020年には約2倍の7兆1533億円

 印刷 記事を保存

富士経済は、環境に配慮する技術を用いたエネルギーシステムの国内市場・世界市場合計16分野95品目について調査し、その結果を報告書「2012電力・エネルギーシステム新市場(上・中・下巻)」として発表した。調査結果は、以下の通り。

主要エネルギーシステムの国内市場

■創エネ関連システム(太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、内燃式分散型電源等)
2011年の市場は3,680億円となり、2020年は11年比2.7倍の1兆100億円と予測。分野別の内訳では、2011年の時点では太陽光発電と内燃式分散型電源の構成比が高いが、2020年には燃料電池の市場が拡大し、構成比も高まると見られる。内燃式分散型電源は、東日本大震災及びその後の電力需給の逼迫により、常用・非常用の電源として市場が拡大し、前年比30.6%増の957億円。2012年も火力発電に頼らざるを得ない状況が続いており、市場は10%近く拡大すると見込まれる。しかし2013年以降は燃料費や維持管理コストの負担の大きさから市場は縮小し、2020年には震災以前の水準に戻ると予測される。

■蓄電・グリッド関連システム(計測・制御機器、大規模電力貯蔵システム等)
2011年の市場は4,329億円となり、2020年は11年比2.5倍の1兆612億円と予測。分野別の内訳では、2011年の時点ではパワーコンディショナなどのグリッド関連機器が70%近くを占めるが、2020年にはスマートメーターやエネルギーマネジメントシステム(EMS)などの計器・制御機器の急成長により、構成比は50%近くまで低下する見通し。計器・制御機器は、2020年に11年比4.6倍の4,264億円に、その中でHEMS、BEMS、FEMSなどのEMSは、2011年の444億円から2020年には973億円に拡大すると予測される。

■省エネ・活エネ関連システム(空調・熱源機器、高効率・次世代照明、電動自動車関連等)
2011年の市場は2兆7,872億円となり、2020年は11年比82.3%増の5兆822億円と予測。分野別の内訳では、2011年時点では、空調・熱源機器が1兆5,934億円と60%近くを占める。しかし、既に市場が成熟しているためほぼ横ばいで推移し、2020年は1兆6,310億円で構成比は30%程度になる見通し。一方、電動自動車関連の大幅な市場拡大が見込まれ、2011年の構成比36%から46%に上昇すると予測される。

省エネ・活エネ注目システム

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.