> > 三井造船子会社、宮崎県警に停電しても消えない道路信号用発電装置を納入

三井造船子会社、宮崎県警に停電しても消えない道路信号用発電装置を納入

 印刷 記事を保存

三井造船の100%出資子会社の三井造船マシナリー・サービスは、全国で初めてディーゼル発電装置に無瞬断装置付きのリチウムイオン電池式バッテリーを搭載させたハイブリッド方式の交通信号用非常用発電装置を宮崎県警察本部に納入した。

今回納入された交通信号用の非常用発電装置は、全国で初めてバッテリーを用いてハイブリッド方式にしたことが大きな特長。従来の装置では、発電機のみで構成していたため、震災等で停電した際には非常用発電機が稼働するまでに30秒~1分ほどかかっていたが、バッテリーとの併用により交通上危険な無点灯時間をなくすことが可能となった。また、搭載されている低騒音ディーゼル発電装置により72時間は連続給電することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.