> > 環境省、エコ・アクション・ポイントに関するガイドラインを改訂

環境省、エコ・アクション・ポイントに関するガイドラインを改訂

 印刷 記事を保存

環境省は、エコ・アクション・ポイントについて、平成23年3月に策定したガイドラインVer1.0以降の社会ニーズの変化や知見の集積等を踏まえ、プログラムに参加しようとする様々な立場の人に、環境配慮型の東日本大震災被災地支援等の幅広い用途に活用してもらうため「エコ・アクション・ポイントに関するガイドラインVer1.1」を策定し発表した。

同ガイドラインは「エコ・アクション・ポイントに関するガイドライン(本冊)」「エコ・アクション・ポイントの登録・承認基準(別冊)」「エコアクションの温室効果ガス削減効果算定事例(参考資料)」からなる。エコ・アクション・ポイントプログラムの運用に必要な基本的情報は本冊に集約し、対象とするエコアクションを登録する際の具体的な承認基準や手続・ルール等は別冊に整理。参考資料として、エコアクションの温室効果ガス削減効果の算定事例を作成した。

今回の改訂の趣旨は、以下の通り。
 (1)環境配慮型の東日本大震災被災地支援等のより幅広い用途への活用を促すため、
   本プログラムで対象とするエコアクションを拡充した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.