> > 日比谷総合設備、太陽光ハイブリッドシステムの実証試験を開始

日比谷総合設備、太陽光ハイブリッドシステムの実証試験を開始

 印刷 記事を保存

日比谷総合設備は、NTTファシリティーズと共同で、太陽光発電技術と太陽熱利用技術を組み合わせた太陽光ハイブリッドシステムの実証試験を開始すると発表した。実証試験設備として、日比谷総合設備技術研究所(千葉県野田市)において、定格発電出力が約2.4kWの太陽光ハイブリッドシステムと、比較用として通常の太陽光発電システムを同容量で構築した。2012年7月より本格運転を開始する。

本実証試験の結果を基に、今年度末から来年度上旬にかけて、太陽光ハイブリッドシステムの商品化を目指す。電気と熱の需要があるヘルスケア領域(介護施設、病院)、飲食店領域(郊外店舗)での需要を見込む。

太陽光ハイブリッドシステムは、太陽電池パネルの裏面に熱取得モジュールを搭載したハイブリッドパネルにより、太陽エネルギーを電気と熱に変換することを可能としたシステム。これにより、1. 太陽エネルギー総合変換効率の向上 (目標値40%)、2. 太陽電池の温度上昇による発電損失の低減、3. 電気と給湯の需要に対応可能 (将来的には冷熱・温熱による空調利用も検討)、の効果が期待されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.