> > 北海道江別市、1.5Mのメガソーラー建設に基本合意

北海道江別市、1.5Mのメガソーラー建設に基本合意

記事を保存
北海道江別市、1.5Mのメガソーラー建設に基本合意

北海道江別市は、ソーラーフロンティア道東電機(帯広市)と共同で、環境クリーンセンター敷地内の遊休地を活用して、1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設・運営すると発表した。今年10月から着工し、来年3月の稼働開始を目指す。

3者は、このほど、「江別メガソーラー(仮称)」を共同で建設・運営することについて基本合意書を締結した。本件は札幌圏内では2例目のメガソーラー案件となる。本プロジェクトでは、同市が所有する環境クリーンセンター(同市八幡)の敷地内3.8haに、10,000枚(1,500kW相当)のソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池を設置する予定。年間発電量は185万kWh(一般家庭で約560世帯分に相当)を予想しており、約650tのCO2削減を見込む。発電した電力は、全て北海道電力に売電する。また、建設予定の施設は環境学習の場として、環境クリーンセンターの展望室を利用した「展望見学エリア」の設置や「エネルギー教室」の開催などが計画されている。

ソーラーフロンティア昭和シェル石油の100%子会社で、独自のCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。同社のCIS薄膜太陽電池は、日本初の商業用メガソーラー「新潟雪国型メガソーラー」に設置されており、寒冷地においても想定年間発電目標を大幅に上回る実績を示している。一方、道東電機は来年で50周年を迎える家電販売店。現在、ヤマダ電機グループのフランチャイズである「コスモスべリース」4店舗などを展開し、ソーラーフロンティア製の太陽光パネルを用いた太陽光発電設備の設置事業を手掛けている。

江別市では、環境にやさしい低炭素型まちづくりの一環として、メガソーラーの誘致を進めており、本案件以外にもメガソーラーの建設候補地を、北海道を通じて提案・公募している。

参考1:江別市 - 大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設に向けて基本合意

参考2:環境ビジネスオンライン - メガソーラー候補地一覧

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.