> > 沖縄県、IHIと海洋温度差発電の実証試験

沖縄県、IHIと海洋温度差発電の実証試験

記事を保存

沖縄県は、IHIプラント建設ゼネシス、横河電機と共同で、沖縄県海洋深層水研究所(久米島町)において、海洋深層水及び表層水を利用する発電(海洋温度差発電)の実証事業を開始する。2013年3月までに小型の実証設備を設置し稼働させ、将来の海洋温度差発電システムの実用化に向けて、発電コストを低減させる方法や同県海域に洋上型システム設置の可能性について検討する。

本事業は、同研究所が取水する海洋深層水及び表層水の一部を利用して行う。同研究所が取水する海洋深層水は、周辺の民間企業に分水され、養殖をはじめ、化粧品や食料品、飲料水の製造など地域の産業振興に活用されており、本事業も、海洋深層水の複合的利用の一環と位置づけられている。

海洋温度差発電は、海洋に蓄えられた熱エネルギーを有効活用する再生可能エネルギー技術として注目されている。特に、表層水の温度が高い熱帯・亜熱帯地域に適しており、沖縄県内で実現可能性が高いとされている。具体的には、海洋表層水と深層水の温度差を利用してアンモニアなど低沸点媒体を気化、その蒸気でタービンを回転させて発電する仕組みとなっている。低沸点媒体は、熱交換ユニットを経由して繰り返し発電に利用される。

本事業において、IHIプラント建設は、プラントエンジニアリングに関する豊富な実績をもとに実証設備全体の設計と建設を、ゼネシスは、海洋温度差発電分野に関する世界有数の知見をもとに発電ユニットと熱交換ユニットの設計・製造を、横河電機は、監視制御システムの技術をもとに発電ユニットの監視制御システム及び系統連系等の電気関係の設計・製造を担当する。

3社は、同県の「平成24年度海洋深層水の利用高度化に向けた発電利用実証事業」に共同で応募し、このほど採択され、本事業に参画する。同県では、本事業について、平成24年度の事業費として、4億9,851万8,000円(消費税及び地方消費税を含む)を上限に、企画提案募集を行っていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.