> > 東邦ガス、全国初 岐阜県の賃貸マンションでスマートハウスの実証実験

東邦ガス、全国初 岐阜県の賃貸マンションでスマートハウスの実証実験

記事を保存
東邦ガス、全国初 岐阜県の賃貸マンションでスマートハウスの実証実験

東邦ガスは、一般向けの賃貸集合住宅としては全国で初めて、スマートエネルギーハウスの実証試験を8月から開始すると発表した。本実証試験では、集合住宅8戸に、2種類の家庭用燃料電池(SOFC・PEFC)、太陽電池、蓄電池の3電池を設置。これにより集合住宅全体での省エネ・省CO2を目指すもので、同等の標準的な集合住宅と比較して約5割の省エネ向上とCO2削減を見込む。

本実証試験では、岐阜県岐阜市内に新たに集合住宅(2階建て、4戸×2棟の計8戸)を建設。1棟当たりに、家庭用燃料電池「エネファーム」(SOFC(0.7kW)×1台、PEFC(0.75kW)×1台)、太陽電池(5.5kW)、蓄電池(9.36kWh×1台)を設置した。これらを棟全体(棟内全戸)で共有する。

東邦ガス 岐阜県のスマートエネルギーハウス実証試験 エネルギーシステム概念図

具体的には、燃料電池と太陽電池で創る電気を合わせ、棟内で分け合い、余った電気は電力会社に売電する。燃料電池で創られるお湯は、各戸の省エネ型給湯器「エコジョーズ」へ供給し、給湯時の給水余熱として利用する。また、発電効率の高いSOFC(固体酸化物形燃料電池)は、定格で継続的に運転させることで棟全体の電力需要のベース部分を賄い、電力需要が変動する部分はPEFC(固体高分子形燃料電池)で賄う仕組みとするなど、家庭用燃料電池や太陽電池から創られる熱・電気を住棟内で融通し、無駄なく最大限に活用する。

さらに、電源セキュリティの面から、蓄電池は燃料電池や太陽電池と組合せ、停電時に電力供給用として利用する。停電時も各戸に設けた非常用コンセントから電力供給を行う。

同社は、2011年7月から本実証試験に関するエネルギーシステムの検討・設計を進め、2012年3月から積水ハウスの協力により建物の設計、工事を行なっており、このたび工事が完了した。実証試験は8月1日からの入居に合わせて開始し、エネルギー供給方式の有効性の確認や課題の抽出を約3年間の計画で行う予定。

東邦ガス 岐阜県のスマートエネルギーハウス実証試験 複数戸(1棟4戸)の電力需要イメージ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.