> > 日立、茨城県で分散型EMSの社内実証実験を開始

日立、茨城県で分散型EMSの社内実証実験を開始

 印刷 記事を保存

日立製作所は、茨城県日立市にある日立グループの事業所において、分散型エネルギーマネジメントシステム(EMS)を今夏の節電に向けて本格稼動し、社内実証実験を開始したと発表した。これにより、大みか事業所(茨城県日立市)では、2010年度夏季ピーク電力に対し、23%の使用電力低減をめざす。

同社は、BCP(事業継続計画)への対応強化と、エネルギー利用のさらなる効率化を目的に、大みか事業所と周辺事業所で、2011年6月よりスマートシティの実現に貢献する分散型EMSを進めてきた。今回実証実験の第1フェーズとして、太陽光発電(総発電量940kW)・蓄電池設備(4.2MWh)の稼働を開始した。また、分散型の工場エネルギー管理システム(FEMS:Factory Energy Managemant System)を本格的に稼動し、蓄電池設備の充放電制御による電力ピークシフト、空調設備の直接制御による設定温度調節機能を活用した電力ピークカットなどを行う。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.