> > 大林組、熊本県芦北町で15MWのメガソーラー

大林組、熊本県芦北町で15MWのメガソーラー

記事を保存
大林組、熊本県芦北町で15MWのメガソーラー

大林組は、熊本県芦北町において公募された、メガソーラー(大規模太陽光発電)事業(15MW)の事業者に選定されたと発表した。また、同社は、子会社「大林クリーンエナジー」を設立、実施・計画している発電事業を承継し、2013年度末までに100MWのメガソーラー事業を開始する。

今回、同社が事業者として選定されたのは、「くまもとソーラープロジェクト」の一環として公募された、熊本県芦北町有地の矢城牧場跡地におけるメガソーラー事業。土地面積は、24.8ha。発電設備規模は1期事業が2.8MW、2期事業が12.2MWで計15.0MW。現段階では同社として最大規模の発電施設となる。事業費は約45億円(1期、2期)。完成は1期事業が2013年3月、2期事業が2014年3月を予定している。

また、同社は「再生可能エネルギーによる発電並びに電気の供給及び販売等」を目的とした100%子会社「大林クリーンエナジー」(本社:東京都港区)を7月10日に設立し、さらなる事業拡大をめざす。資本金は1000万円。

同社は、2013年度末時点において、稼働済みおよび事業化決定案件を含め、事業件数約20件、合計発電規模100MW(一般家庭約2万5,000世帯分の年間使用電力量に相当)を目標として発電事業に取り組む。100MWすべてが稼働した時点での売り上げは約40億円を予定している。また、大規模な案件においては、プロジェクトファイナンスによる資金調達を検討する。将来的には、風力や地熱などの太陽光以外の再生可能エネルギーによる発電事業への取り組みを視野に入れ、収益基盤の多様化を実現していく計画だ。

同社は、「中期経営計画'12」において、本業(建築・土木・開発)に加え新収益分野として「再生可能エネルギー」を掲げるとともに、2020年をめざしてゼロエネルギー施工(ZEC)の取り組みも進めている。加えて、7月1日から施行された再生可能エネルギー特別措置法により、再生可能エネルギー発電事業は長期にわたり安定的な事業性が見込まれるとともに、社有地有効活用の柱として、大手建設会社として初めて同事業へ本格参入し、積極的に事業拡大を進めてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.