> > JFEエンジ、国交省の委託を受け、愛媛県で下水汚泥固形燃料化の実証研究

JFEエンジ、国交省の委託を受け、愛媛県で下水汚泥固形燃料化の実証研究

記事を保存

JFEエンジニアリングは、国土交通省国土技術政策総合研究所より、平成24年度下水道革新的技術実証研究(B-DASHプロジェクト)を受託し、実証フィールドとなる松山市西部浄化センターで、重油を使用して下水汚泥の焼却を開始した。今回の実証では、焼却炉の廃熱で、下水汚泥の一部を乾燥させてカロリーの高い固形燃料にする。この燃料を使用することにより、重油の使用量とCO2排出量を大幅に削減することができる。

今回の燃料化では、同社開発の下水汚泥表面固化乾燥技術を用いた装置(処理能力:20t/日)を導入。同装置は、従来利用されていなかった焼却炉の低温廃熱(200℃~300℃)で、安価に汚泥固形燃料(バイオマス燃料)を製造できる。さらに、燃料は、製造過程において表面に固化膜を形成しているため、臭気や粉塵も抑制される。

燃料は残った下水汚泥の焼却に利用されるが、今後は、この安価なバイオマス燃料を火力発電所やセメント工場等で利用することも検討している。

参考:環境ビジネスオンライン - 下水道で省エネ、潜熱回収など 5つの革新的技術実証事業が決定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.