> > 宮城県登米市に東北最大級8MWのメガソーラー、市民団体などが設置

宮城県登米市に東北最大級8MWのメガソーラー、市民団体などが設置

 印刷 記事を保存

社会貢献共同体ユナイテッド・アース(本部:神戸市中央区)は、宮城県登米市と連携し、同市において、東北最大級となる8MWの太陽光発電(メガソーラー)事業を推進すると発表した。メガソーラーの設置にあたっては、太陽光発電事業の実績を持つ日光エナジー開発と共働する。総投資額は約28億円で、着工は本年9月の予定。

本プロジェクトでは、宮城県から市民主体による、自然エネルギーの導入を基軸とした循環型の新しい「環境先進タウン構想」のモデル構築を目指す。事業名称は「登米市東和町太陽光発電所(仮称)」。日光エナジー開発を事業主体に、東芝三菱電機産業システム、Posco Plantec、ガイアシステム等が参加する。メガソーラーの発電能力は、年間約2640世帯分の電力を発電する8MWを予定。発電した電力は東北電力に売電する予定。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.