> > アミタ、台湾で再資源化工場 太陽光パネル製造時の廃スラリーを処理

アミタ、台湾で再資源化工場 太陽光パネル製造時の廃スラリーを処理

 印刷 記事を保存

アミタは、台湾台南市に、太陽光パネルや半導体の製造工程で発生する廃棄物の再資源化工場を建設する計画を発表した。稼働開始は2013年度内を予定。投資額は数億円を見込むが現時点では未定。

同社は、産業廃棄物の100%再資源化事業を手掛け、東アジア全体の資源循環システムの構築を目指し、積極的な海外取引を展開している。本事業では、太陽光パネルおよび半導体の製造工程より発生する廃スラリー(潤滑油にウェハー屑や切削歯の金属屑が混じったもの)を受入れ、最新技術を用いて再生クーラントおよび再生砥粒の製造をめざす。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.