> > パナソニックグループ、中国の民生用リチウムイオン電池新工場が竣工

パナソニックグループ、中国の民生用リチウムイオン電池新工場が竣工

記事を保存
パナソニックグループ、中国の民生用リチウムイオン電池新工場が竣工

パナソニックグループ エナジー社は、中国の蘇州工場内で建設を進めていた、民生用リチウムイオン電池新工場の竣工式を7月16日に開催したと発表した。新工場の稼動により、蘇州工場における極板・セル・電池パックの一貫生産体制を構築し、グローバル競争力の強化を図る。

蘇州新工場は鉄骨造4階建てで、延床面積は49,000m2。民生用リチウムイオン電池を生産する。同社では、中国3拠点(蘇州、無錫、北京)での一貫生産体制を構築して民生用リチウムイオン電池の生産を増強し、中国での生産比率の拡大、現地部材の活用、物流コストの削減等により、コスト低減を図っている。中国展開拡大により、コスト低減と為替変動のリスクヘッジを実現し、競争力を強化するとともに、民生用リチウムイオン電池での幅広いラインアップを生かして、グローバルでのビジネスを拡大していく計画だ。

リチウムイオン電池は、太陽光など再生エネルギーの蓄電用や環境対応車などの動力用といった新しい用途の拡大が期待されている。一方、ノートパソコンや携帯電話などの民生用途については、グローバルでの競争激化や為替の影響などにより、より一層のコスト低減が求められている。

同グループは、「2012年度 事業方針」において、成長事業での増益追求の柱として、「リチウムイオン電池事業」をあげる。その中で、民生用では、「中国・韓国への部材シフトによる原価力の強化」「独自技術を生かした高容量化」「顧客対応スピードの強化」に注力し、薄型・高容量が求められるウルトラブックやスマートフォンなど、成長市場への提案を重点強化、また、車載用では、環境対応車へアプローチし、生産能力最大化とコスト力強化を図り、売上を5倍以上に拡大するという方針を示している。これらにより、民生用・車載用ともに黒字化をめざす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.