> > KDDI・住友商事、節電支援サービス、200世帯に無償でトライアル提供

KDDI・住友商事、節電支援サービス、200世帯に無償でトライアル提供

記事を保存

KDDIおよび住友商事は、顧客のライフスタイルに応じて最適な節電のアドバイスを提供する省エネ支援サービス「エコビト」の事業化検討に向け、7月30日より無償でのトライアルサービス「エコビトとらいある」の提供を開始する。

「エコビト」は、顧客の家族構成や居住地域、使用している家電機器や生活スタイルといったさまざまな情報を組み合わせ、最適な節電行動をアドバイスする省エネ支援サービス。「エコビトとらいある」では、宅内の分電盤や使用電力量の比較的大きな家電に高精度の電力量センサーを取り付け、事前に顧客情報を登録してもらうことで、PCやスマートフォンで家庭の使用電力量や太陽光発電量を「見える化」する。また、電力使用状況や顧客の情報、居住地域の天候情報などをもとに、約5万パターンの膨大なデータの中から、顧客に最適な節電行動をきめ細やかにアドバイスする。さらに、子どもの成長に応じた家電の買い換え時期やおすすめの家電タイプ、省エネにつながるさまざまな暮らしのアイデアも紹介する。両社は、本トライアルの検証を通じて、「エコビト」の提供に向けた検討を進めていく計画だ。

「エコビトとらいある」は、首都圏エリアにおいて、auスマートフォンを利用の顧客を含む計200世帯を対象に約6カ月間実施する。一般モニターの募集は160世帯で、一次選考(60世帯)7月19日、二次選考(100世帯)は8月中旬から開始する。参加した顧客にはauポイントを5,000ポイント付与する。

「エコビトとらいある」概要

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.