> > カナディアン・ソーラー、農林業従事者向けに中小規模の産業用太陽光発電システム

カナディアン・ソーラー、農林業従事者向けに中小規模の産業用太陽光発電システム

記事を保存

カナディアン・ソーラー・ジャパンは、主に農林業従事者らを対象とした、中小規模の産業用太陽光発電システムの新商品を8月より販売する。出力規模は50kW以下(49.92kW/46.08kW)で、カナディアン・ソーラーの太陽電池モジュールのほか、パワーコンディショナ、架台等の周辺機器を含めた太陽光発電システムをパッケージした。

今回販売するパッケージ商品は、産業用太陽光発電システム「サンガーデン」。オープン価格。7月より、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が施行したことを受け、主に、農林業従事者向けの販売を想定し、遊休地、耕作放棄地、汚染地などを有効活用できる、中小規模の産業用太陽光発電システムとして拡販を図る。

カナディアン・ソーラーは、世界第5位の太陽電池モジュールメーカー。シリコンインゴットからウェハー、セル、太陽電池、システムに至るまで一貫した生産体制により、欧米やアジアを中心に世界的に事業を展開。すでに世界50カ国以上で導入実績を有するメガソーラーだけでなく、中小規模の太陽光発電システムの導入にも注力していく考えを示している。

2009年に日本法人を設立。以来培ってきた、国内販売代理店との強力なパートナーシップと、厳しい環境下でも高い性能を発揮する高品質のモジュール製品を武器に、農林業の発達した日本ならではの地域の特性に合わせたサービスを提供していく計画だ。

狭い土地を活用できる、非住宅向けの太陽光発電システムとしては、ソーラーフロンティアが、10kW~50kWの太陽光発電システム一式をパッケージした商品の販売を7月より開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.