> > 中国が主役となって第2四半期のクリーンエネルギー投資は前期から24%回復

中国が主役となって第2四半期のクリーンエネルギー投資は前期から24%回復

 印刷 記事を保存

(7月20日、ブルームバーグ)
世界経済の不調や政策の不安定さを後目に、2012年第2四半期のクリーンエネルギー分野新規投資は合計596億ドルまで回復した。これは第1四半期に比べて24%の増加だが、前年同期の725億ドルという記録的数値には届かなかった。

本日発表されたこの数値は、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが、全世界のクリーンエネルギー取引に関する世界で最も包括的なデータベースに基づいて算出したものである。この結果からは、クリーンエネルギー技術および機器メーカーへの投資と、資産投資との間に明確な差が見られる。前者が世界の経済と株式市場の低迷を反映して低調だったのに対し、後者は健闘した。

注目すべき点として、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが今回初めて小規模プロジェクトの四半期推定値を公表したことが挙げられる。過去に公表された四半期の数値には、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティ、公開市場、大規模資産投資だけが含まれていた。屋根上太陽電池などの小規模プロジェクトに関しては、年間の数値しか公表されていなかった。先に引用した2012年第1四半期と2011年第2四半期の数値は、比較可能な形に改訂されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.