> > パナホーム、兵庫県で創蓄連携したスマートシティの分譲開始

パナホーム、兵庫県で創蓄連携したスマートシティの分譲開始

記事を保存

『パナホーム スマートシティ潮芦屋』街並み パナホームは、兵庫県芦屋市の「パナホーム スマートシティ潮芦屋」の第1街区において、第1期建売分譲を開始した。同街区では、全109戸の戸建住宅にパナソニック製「創蓄連携システム(太陽光発電+リチウムイオン蓄電池)」を採用。全109戸の住宅に、創蓄連携で「ピーク電力の抑制」と「停電時の電力確保」の機能を持つ蓄電池を採用する分譲地は日本初。

今回、分譲を開始した第1街区は、創蓄連携システムのほか、HEMS、スマート家電、LED照明、EV充電コンセントを全戸に採用し、1990年代の一般的な住宅に比べて、夏季のピーク電力を約41%節約可能。また、クラウドサービスによる「タウンマネジメント」の実用化、地域特性を生かした安心・安全な街づくりを目指している。

今後は、順次開発予定の第2~4街区(戸建住宅約300戸)を含め、街まるごとでネットゼロエネルギーとCO2±0(ゼロ)を実現する日本最大規模のスマートシティとして展開。同街区の戸建住宅では、創蓄連携システムもしくはW発電(太陽光+エネファーム)、集合住宅では、太陽光発電や蓄電池を導入。無理のない節電や、計画停電・災害時にも電力確保ができるくらしを提案し、街まるごとでピーク電力の抑制を図る。

パナソニックグループは、「街まるごと事業」の一環として、サスティナブルでスマートなくらしを提案する分譲地「パナホーム スマートシティ」の開発・販売を全国で展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.