> > デンソー、HEMSと連携した電気自動車用の相互電力供給システムを開発

デンソー、HEMSと連携した電気自動車用の相互電力供給システムを開発

 印刷 記事を保存

デンソーは、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)と連携した電気自動車(EV)用相互電力供給システム(Vehicle to Home(V2H))を開発した。このシステムは、EVと住宅の間で直流による急速充電を可能にするとともに、車両に蓄えた電力を住宅に供給することができる。さらにHEMSと連携して、住宅で発電した太陽光発電電力を含めた電気エネルギーをEVと住宅の間で最適に制御することができる。

本開発は、2010年4月から開始した「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一環として行われた。同社はこれまでにトヨタ自動車と共同でプラグインハイブリッド車(PHV)を使った交流によるV2Hに関する開発及び実証実験を行ってきたが、今後は、PHV、EV両方の車両に対応するV2Hに関する実証実験を進めていく考えだ。また、今回開発したシステムは、V2Hに関わる標準化の動きをふまえながら開発した。本実証事業では、トヨタ自動車と三菱自動車工業のEVを用いた検証を行う予定。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.