> > デンソー、HEMSと連携した電気自動車用の相互電力供給システムを開発

デンソー、HEMSと連携した電気自動車用の相互電力供給システムを開発

記事を保存

電気自動車(EV)用相互電力供給システム<Vehicle to Home(V2H)> デンソーは、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)と連携した電気自動車(EV)用相互電力供給システム(Vehicle to Home(V2H))を開発した。このシステムは、EVと住宅の間で直流による急速充電を可能にするとともに、車両に蓄えた電力を住宅に供給することができる。さらにHEMSと連携して、住宅で発電した太陽光発電電力を含めた電気エネルギーをEVと住宅の間で最適に制御することができる。

本開発は、2010年4月から開始した「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一環として行われた。同社はこれまでにトヨタ自動車と共同でプラグインハイブリッド車(PHV)を使った交流によるV2Hに関する開発及び実証実験を行ってきたが、今後は、PHV、EV両方の車両に対応するV2Hに関する実証実験を進めていく考えだ。また、今回開発したシステムは、V2Hに関わる標準化の動きをふまえながら開発した。本実証事業では、トヨタ自動車と三菱自動車工業のEVを用いた検証を行う予定。

同社は、住宅におけるエネルギーの最適利用をEV・PHVを核に実現するとともに、低炭素社会の実現に向けた効率のよいエネルギーマネジメントシステムの開発、事業化に向け、2013年から豊田市において実証実験を開始する計画だ。

今回開発したシステムの主な特徴として、1.HEMS用定置蓄電池を利用した急速充電機能、2.エコV2H機能の2点をあげる。まず、今回開発したシステムでは、HEMS用定置蓄電池に少しずつ貯めた電力を一度にEVに送ることができるため、電力契約を引き上げることなく家庭に適用できる。本システムで、15分の充電で約20km走行可能な電力を充電することが可能。EVは必要なときにいつでも走行できるように、急速充電できることが重要だが、これまで、急速充電器は、一度に大きな電力を必要とするため、電力契約の引き上げなどが必要となり、家庭への導入は困難だった。

「エコV2H機能」では、HEMSがその日のEVの走行予定と家庭内の電力使用量を予測することにより、EVの電池とHEMS用定置蓄電池への充電およびこれらからの放電を最適に制御する。そして、太陽光発電の余剰電力を売電するかわりにEVまたはHEMS用定置蓄電池に貯め、使用することにより、エネルギーの地産地消とともに、電力ピーク時には貯めた電力を家庭内に戻すことによりピークシフトを実現にする。このためには、EVから家に戻した電力と商用電力を連系させる技術が必要となる。なお、災害などの非常時においてもPHVと同様、EVの電池の電力を住宅内において使用することも可能とした。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.