> > GSユアサ、省エネタイプのトンネル照明を新東名高速道路に納入

GSユアサ、省エネタイプのトンネル照明を新東名高速道路に納入

記事を保存
GSユアサ、省エネタイプのトンネル照明を新東名高速道路に納入

GSユアサは、同社製造の照明設備「エコセラSR」を4月に開通した新東名高速道路(御殿場JCT~三ヶ日JCT間)の28か所のトンネルに納入したと発表した。同製品は、効率の良いセラミックメタルハライドランプ。125lm/Wとランプ効率が高く、省エネルギー化やCO2の低減を実現。また、トンネル照明を白色化することにより視環境が改善され快適性を向上させることができる。

一般道路や高速道路にも高効率で環境にやさしい照明の採用が広がるなか、新東名高速道路でも環境負荷削減のため、同製品の採用が決まった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.