> > 欧州で水なし印刷の需要増 東レ、チェコに平板の生産工場新設

欧州で水なし印刷の需要増 東レ、チェコに平板の生産工場新設

記事を保存

東レは、このたび、チェコ共和国にある子会社Toray Textiles Central Europe s.r.o. (TTCE)において、環境に優しい印刷方法として需要が高まっている、水なし平版の生産工場を新設すると発表した。投資額は約50億円。2014年1月からの生産開始を目指す。

今回新設する設備は、水なし平版として日本に次ぐ欧州初の大型専用工場で、生産能力は現在日本で生産している岡崎工場の設備と合わせ、約2倍となる。

水なし印刷は、「湿し水」の代替として「シリコーンゴム」を利用して、インキを反撥させる印刷システム。他の平版印刷と違い、環境面での規制対象となっているイソプロピルアルコール(IPA)を含む湿し水が不要であるとともに、現像時に強アルカリ溶液を使用しないため廃液がきれいであることから、環境に優しい版材として注目されている。また、印刷開始時の生産ロスも少なく、印刷品質の向上と安定がはかれる上に、湿し水や溶液が不要なことで印刷コストの低減にもつながる。これらの特長により、環境問題への意識が高い欧州で大いに評価され、2005年に初めて新聞印刷用途で採用されて以来、現在の欧州向け販売量は5倍にまで拡大している。

TTCEは、1997年に同国で、裏地用途など向けポリエステル長繊維織物の製造・販売会社として設立し、2005年からは欧州向け新聞印刷用途の水なし平版の断裁加工を行っている。これまで欧州向けには日本から水なし平版を輸出し、TTCEで断裁加工を行った後に出荷していた。しかし、欧州における新聞印刷用途の需要増加に伴い、現在でもフル生産を続けている岡崎工場に加え新しい生産拠点が必要になったことから、今回、工場新設を決定した。

また、近年では欧州だけでなく世界的に、平版印刷業界全体で有機溶剤低減やアルカリ現像廃液の削減など、環境問題への対応が急務となっている。さらに、デジタル技術の進展などを背景に、画像データをレーザーで印刷版に書き込むCTP(Computer To Plate)システムの普及が急速に進んでおり、このシステムに適している水なし版の需要は今後ますます増加すると見込み。今回のチェコにおける工場新設により、このような印刷業界の流れに呼応し、顧客のニーズに応える。また、環境に優しい水なし平版は、同社が成長戦略を実行するための具体的なプロジェクトとして推進する「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」製品の一つとして位置付けられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.