> > ホンダ、タイで海外2ヵ国目のハイブリッド車の生産・発売を開始

ホンダ、タイで海外2ヵ国目のハイブリッド車の生産・発売を開始

記事を保存
ホンダ、タイで海外2ヵ国目のハイブリッド車の生産・発売を開始

ホンダのタイにおける四輪車の生産・販売会社 ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(HATC)は、7月26日に「ジャズ ハイブリッド(日本名:フィット ハイブリッド)」を発売した。

ジャズ ハイブリッドは、優れた居住性と燃費性能を両立した、タイ市場で初のコンパクトハイブリッド車。今後拡大が期待されるタイのハイブリッド車市場を見越し、HATCのアユタヤ工場で生産を行う。価格は76万8,000バーツ(約189万円)~。年間1万台の販売を目指す。なお、ハイブリッド車を海外で生産するのは、ホンダにとって米国(アキュラ「ILX」)に次いで2ヵ国目。

ホンダは2012年末までに、マレーシアでもジャズ ハイブリッドの生産を予定しており、今後エコカーの需要拡大が期待されるアジア地域へのハイブリッド車販売を加速させる。なお、同社はこれまでジャズ ハイブリッド及びフィット ハイブリッドを世界で累計約15万台販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.