> > 東京ガス、ガスヒートポンプの省エネ運転を遠隔で実現、新サービスを開始

東京ガス、ガスヒートポンプの省エネ運転を遠隔で実現、新サービスを開始

 印刷 記事を保存

東京ガスは、ガスヒートポンプ(GHP)の運転管理・制御を、顧客に代わって遠隔で行い、省エネ運転を実現する新サービス「Green Help Pro(グリーン ヘルプ プロ)」を8月1日から開始する。本サービスにより、年間ガス消費量の約20%の削減を図る。

GHPは、ガスエンジンでコンプレッサーを駆動し、ヒートポンプによって冷暖房を行う業務用空調機で、事務所ビル、店舗・商業施設、学校、病院など、さまざまな用途に導入されている。同社は、常駐の設備管理者が不在のため、きめ細かい空調機の運転管理・制御ができないという顧客に対して、GHP導入の付加価値として、本サービスを提案する。利用料はGHP室外機1台当たり年額21,000円(税込)。初年度は100件の加入を目指す。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.