> > エコ需要拡大、エネルギー&エレクトロニクス分野の部品・材料市場は15年2倍に

エコ需要拡大、エネルギー&エレクトロニクス分野の部品・材料市場は15年2倍に

 印刷 記事を保存

富士キメラ総研は、風力発電、太陽電池、ハイブリッド車(HV)・電気自動車(EV)など高成長のエネルギー&エレクトロニクス(E&E)10分野で注目される部材/マテリアル21品目の市場を調査した結果を発表した。この10分野の2011年の市場は13兆1,670億円(前年比114.6%)。2015年には2011年の2倍の26兆3,800億円超となる見込み。新エネルギー分野の太陽光発電に加え、風力発電や太陽熱発電などの市場が牽引役となる。

部材・マテリアルのうち、パワー半導体用素子として期待されている「化合物半導体SiC(炭化ケイ素ウェハ)」は、2011年から4年間の平均成長率が38%と最も大きく、2015年には475億円市場になると予測する。LEDパッケージ材料に使用される「LEDリフレクタ(樹脂)」は、2011年が189億円(前年比119.6%)で、2015年は343億円(同181.5%)、11年以降年平均成長率16.1%を見込む。また、電子機器の軽量化・省エネ化や自動車のハイブリッド化に不可欠な「ネオジム焼結磁石」の2015年市場は2,100億円(2011年比204.7%)、11年以降平均成長率19.6%、「太陽電池用ケーブル」の2015年市場は6,130億円(2011年比191.0%)、11年以降平均成長率17.6%を見込む。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.