京セラ製太陽電池モジュール、耐PID試験で出力低下ゼロ

  • 印刷
  • 共有

京セラは、ドイツのフラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(フラウンホーファーCSP)が公表した耐PID試験の結果、同社製太陽電池モジュールの出力低下がなかったことが明らかになり、独立機関による品質試験で大きな成功を収めたことを発表した。

この成功は、テュフ・ラインランドの長期連続試験に続くもので、35年以上におよぶ実績と品質を重視した製造工程から生まれた、同社製モジュールの高品質と高信頼性を裏付ける形となった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事