> > 京セラ製太陽電池モジュール、耐PID試験で出力低下ゼロ

京セラ製太陽電池モジュール、耐PID試験で出力低下ゼロ

京セラは、ドイツのフラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(フラウンホーファーCSP)が公表した耐PID試験の結果、同社製太陽電池モジュールの出力低下がなかったことが明らかになり、独立機関による品質試験で大きな成功を収めたことを発表した。

この成功は、テュフ・ラインランドの長期連続試験に続くもので、35 年以上におよぶ実績と品質を重視した製造工程から生まれた、同社製モジュールの高品質と高信頼性を裏付ける形となった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.